BusinessItem通信
2024年03月06日(水)
 BusinessItem通信

社会整備サポート協会、組織の5部門で使えるAIプラットフォームサービス「AIダッシュボード」を提供開始

iPad
iPhone
Android
タブレットPC
その他
ビジネスアイテム新着30件






























社会整備サポート協会、組織の5部門で使えるAIプラットフォームサービス「AIダッシュボード」を提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加




一般社団法人社会整備サポート協会は、組織の5部門で使えるAIプラットフォームサービス「AIダッシュボード」を、8月25日(金)より提供開始した。開発にあたっては、株式会社第一情報システムズ(の協力を得たという。

ビジネスアイテム

必要とされる4つの要素に関する戦略立案が可能に
AIダッシュボードは、企業の5部門以上の部署で使うことができる。人的資本経営の可視化が求められる現在、必要とされる4つの要素、「ガバナンス」、「戦略」、「リスク管理」、「指標と目標」に関する戦略立案が可能になる。

AIダッシュボードの活用例としては、売上が上がる顧客の特徴などを把握したり、事務ミス件数の予測や離職率の予測をしたりすることができる。

これにより、会社の業績推進やリスクに対する打ち手を明確にでき、効率的に人的資本経営の可視化や戦略立案に向けた資料を作成することができる。

活用できる部署は、「経営企画系の部署」、「総務部系の部署」、「人事部系の部署」、「コンプライアンス部・監査部・内部監査室系の部署」。

問い合わせ先: info@social-navi.jp

            (坂土直隆)
Amazon.co.jp : ビジネスアイテム に関連する商品



  • サテライトオフィス、自宅・外出先から 会社のPCが使えるリモートアクセスツール 「リモートビュー(RemoteView)」の提供開始(3月3日)
  • FABRIC TOKYO、「AUTHENTIC」シリーズに、ビジネスカジュアル向けのオーダーセットアップが登場(2月25日)
  • RAKUZAと23社1自治体共著の、『ウェルビーイングのための最新DXケーススタディ2024』出版(2月22日)
  • 「Core™ Ultra プロセッサー」を採用し、AI機能と省電力機能を強化。高解像度・広色域OLED(有機EL)ディスプレイ搭載、高性能ノートPC「Prestige 13 AI Evo A1M」発売(2月18日)
  • リテルヒューズ、5x20mm ヒューズ用の高電流ヒューズブロックを発売(2月14日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->
    記事検索
    アクセスランキング トップ10










    お問い合わせ