BusinessItem通信
2021年10月23日(土)

BusinessItem通信

iPad
iPhone
Android
タブレットPC
その他
ビジネスアイテム新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 駐日ウズベキスタン共和国大使館

ウズベキスタン大統領が第76回国連総会で演説
2021年9月24日 駐日ウズベキスタン共和国大使館
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク newsing Buzzurl Googleブックマーク livedoorClip ニフティクリップ  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

9月21日(火)第76回国連総会において、ウズベキスタン共和国シャフカト・ミルジヨエフ大統領がビデオメッセージを通じて演説を行いました。                                        写真:国連総会にてオンラインで演説するミルジヨエフ・ウズベキスタン共和国大統領 (2021年9月21日)

 大統領は演説で国際社会に対し、地域や世界が抱える緊急の課題について、また、今起きている脅威や問題に歩調を合わせて対応していく中での国連の役割について言及したほか、「新しいウズベキスタン」を作るために実施されている大々的かつ不可逆的な民主主義改革の本質を明らかにしました。

 国連が掲げている「誰も置き去りにしない」理念のもと、新型コロナウイルスの感染拡大による社会的・経済的打撃をいかに協力して克服していくかについても言及しました。
また、ミルジヨエフ大統領は「新しいウズベキスタン」戦略についても触れています。
この戦略の本質は市民社会の役割を強化すること、人権を守ること、貧困を撲滅すること、すべての人に収入を得る機会を保障すること、環境にやさしい持続可能な発展を目指すことにあります。
大統領は「私たちの主な目的は、国連の2030年までの持続可能な開発目標でも掲げられている通り、2030年までにウズベキスタンを国民一人当たりの収入レベルが平均以上の国にすることである。」と述べました。
これに関連して、首都タシケントでポストコロナ時代における世界経済の回復と、貧困撲滅に関わる知見を学ぶことに焦点を当てた、国際会議を開催することが提案されました。

 加えて、中央アジア地域において、相互理解と尊重、善隣、戦略的パートナーシップを基調とするとし、新しい政治的雰囲気をさらに強めていくという確固たる意思を表明しました。これに関連して、アフガニスタンは中央アジアにとって切り離すことのできない国であることを改めて強調しました。
「ウズベキスタンだけでなく、その他の隣国、そして世界が、アフガニスタンが、平穏を取り戻し、そこに平和が築かれることを願っています。この大変な時にアフガニスタンを孤立させ、大きな問題を抱えた状況を放っておいてはなりません。アフガニスタン問題における国連の役割を強めなければならず、国連の声が今までにないほどに大きく発せられなければならないと思います。」と述べました。

 ミルジヨエフ大統領は、世界中で増大する脅威、紛争そして国境を越えた課題についても言及しました。
国連グローバル・テロ対策戦略実現への一環として、まず「共同行動計画の採択10周年を記念する国際会議」を今年11月に首都タシケントで開催し、国際協力のさらなる強化を図ることを強調しました。
また、気候変動への対策、環境と生物の保護、そして再生可能エネルギーへの切り替えに関して、現在ウズベキスタンで進められている政策に言及しました。
この分野でウズベキスタンが成した尽力の成果は、今年の5月国連総会にて「アラル海沿岸地域を環境革新・技術ゾーンとして宣言する」旨の特別決議の採択という形で結実しました。
大統領は環境分野における政策を継続する取り組みの一つとして、国連の協力の下2022年にアラル海沿岸の都市であるヌクスにおいて「グリーンエネルギー」に関するハイレベル国際フォーラムを開催することを提案しました。
これとともに、地球環境政策の優先事項を包括的に議論するために、2023年に国連の後援の下、ウズベキスタンで第6回国連環境総会を開催することが提案されました。

 演説の最後に、ミルジヨエフ大統領はウズベキスタンが世界のすべての国、および国際機関と相互に有益で長期的かつ多面的なパートナーシップを築く意向がある旨を表明しました。そして、安全で持続可能な開発と豊かな未来の構築に向けた協力を引き続き強化していくことを強調しました。
これらのイニシアティブを実際に果たしていくことは、すなわち、直面する課題と問題を解決し、国連の持続可能な開発目標の実現を達成するために、国際社会の力強い足並みに貢献するものを意味しています。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

記事検索
アクセスランキング トップ10










お問い合わせ