BusinessItem通信
2020年09月20日(日)

BusinessItem通信

iPad
iPhone
Android
タブレットPC
その他
ビジネスアイテム新着30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社グローバルインフォメーション

中国のOTA搭載車、2019年に383万8000台到達、前年比60.6%の急増
2020年8月13日 株式会社グローバルインフォメーション
Yahoo!ブックマーク  はてなブックマーク newsing Buzzurl Googleブックマーク livedoorClip ニフティクリップ  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車用OTA業界:2019年~2020年」 (ResearchInChina ) の販売を8月13日より開始いたしました。

困難に直面していた、テスラとNIOは最終的に危機を乗り越えました。彼らは、FOTA(Firmware-over-the-air/ファームウェアの無線通信による配布・更新)により、存続が可能になりました。ソフトウェアとハードウェアのアップグレードは、車の所有者に新しい経験を提供し、高い満足度で受け入れられました。

現在でも、FOTAが可能な車種はほとんどありません

従来の自動車メーカーは、主に車両システムSOTA(ソフトウェア-オーバー-ザ-エア)を導入しており、FOTAの課題と安全性を考えると、FOTAの推進に対しては慎重です。典型的なFOTAの流れを通して、FOTAを実現するには、E/Eアーキテクチャの混乱が避けられず、自動車用イーサネット、サイバーセキュリティ、インテリジェントゲートウェイ、大規模なコンピューティングパワー、および大規模なメモリのような新技術のサポートを必要としています

ここ数年間、従来のOEMは、FOTAの開発を比較的ゆっくりと進めてきました。その中で、2019年に大きな前進がありました。主要OEMとテスラの間にギャップがあり、テスラモデル3の成功は、従来の自動車メーカーにプレッシャーとして非常に重くのしかかりました。そして、この急速な変革への対応によっては、存続のリスクにさらされる事になります。

VWはOEMの中で最も積極的ですが、他のOEMも懸命にこの問題に取り組んでいます。2020年初頭にインテリジェントゲートウェイチップを展開するための競争は、できるだけ早くFOTAを実現しようとするOEMの熱心さを反映しています。

比較的容易なSOTAの搭載は台数、率の両方で急上昇しています。SOTAは、2018年の239万台(11.8%)から2019年には383万8000台(19%)の乗用車に提供されました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/rinc942261-automotive-ota-research-report.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ